忍者ブログ
恋は夢幻 儚く散る夢の中何想う…
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/21 森崎ひなひ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雫-sizuku-
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
広告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本番が終わって
会う機会は一気に減った。

普段クラスは違うから時間もまったくずれてたし
時々時間割的に顔を合わす事もあったけど
その時に軽くいつもの笑顔で頭を撫でてくれるだけ。

それだけじゃやっぱりイヤで
勇気を出して電話をかける様になった

本当に忙しい人でほとんどが留守電になってしまう。


最初避けられてるのかなって不安になった。
ガキのお守りはもう疲れたのかなと。

でも
電話が繋がって色々話してるうちに
普段はバイトを遅くまでしてることとかも分かって
留守電に入れてたメッセージは聞いてたんだけどごめんなって言ってくれて

迷惑じゃない?
って確認したら
笑って
なんで?かけてきていいよって言ったの俺だしって・・。

嬉しかったなぁ
忙しくて全然遊んでもらう時間はなかったけど
電話だけは時々してた。

中学3年になって
受験頑張れって言ってくれた時
もやもやしてるのがイヤで電話だったけど・・・


告白をした。


分かってると思うけど
アタシ本当にMさん好きだよ?
彼女さんいるの知ってるけど
それでも好きだよ
少しでもそんな対象で見ることは出来ないですか?


少し間があってから返事はスグに返ってきた。






ブログランキング参加してます。
1クリックで投票になりますのでよろしくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25]

Copyright c ※ 夢 幻 恋 想 ※。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]