忍者ブログ
恋は夢幻 儚く散る夢の中何想う…
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/21 森崎ひなひ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雫-sizuku-
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
広告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最初はきっと私じゃなかった。
周りの誰かがあの人かっこいいよねーってヒトコトから始まっただけ。

かっこいい基準ってなんだったっけ。
私は少数派のMさんを推した。

理由はいつだって同じなのかも。

『笑顔が優しい』

その人の周りだけいつも空気が丸かった。
横にいてこづかれても
怒られてると言うよりも

いい兄貴に愛されてるって感じにすら思った。

おにいちゃん居たらこんなだったのかなぁ?
こんなおにいちゃんが居たら甘えられたかなぁ?

姉妹しか居なかった私には最初「兄」でしかなかったはずだったのにね。






地元に彼女がいるんだって話を聞いた時

そんなのウソだー
って笑い飛ばして欲しかった私の心が教えてくれた


子供としか見てもらえない歳の差。
中学生から見た11歳年上はあまりにもハードルが高かった。


それでも
好きになっちゃったんだよ。

怒ってくれる時でも瞳が優しいMさんを
大好きになっちゃったんだよ…

相手にされないのは最初から分かってる!
分かってるからこそ
足掻きたかった

分かってるからこそ
足掻いたあの頃…











ブログランキング参加してます。
1クリックで投票になりますのでよろしくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23]

Copyright c ※ 夢 幻 恋 想 ※。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]