忍者ブログ
恋は夢幻 儚く散る夢の中何想う…
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/21 森崎ひなひ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雫-sizuku-
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
広告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中学1年の自然教室の前日。
私は風邪で学校を休んだ。

翌日なんとか熱は下がったので自然教室へは行けたものの
運動は避けた方がいいだろうとの事で登山は断念した。

自然教室参加者の中で登山をしなかったのは4名。
私と他女子2名と男子1名…


自習と呼ばれる待機中に監視の目はまったくなかった。
先生方もほぼ出払っていたのでまさに自由時間。


退屈で退屈で4人で集まって遊んだ。
女子2名はお月様。
私は病み上がり。
男子1名は足の怪我。

ドコまでも子供な私達は自分達の体調を忘れ
目の前にあったテニスコートで勝手に遊んだ。

楽しくなってきて病みあがりな事などすっかり忘れた。
彼はびっこ引きながらも言いだしっぺだったせいか1番はしゃいでた。
女子達もみんな笑顔になっていた。

彼が生み出した空気。
ただ待ってるだけでつまらない時間を
笑顔で飛び跳ねる元気をくれた。

4人は当たり前の様に仲良くなった。
みんなが戻ってきてからもなんとなくつるんで遊んだ。

たった2日間の自然教室。
その間4人はよく一緒にいた。

彼と話すのが楽しかった。
バカ言って
自然にふざけられる事がこんなに楽しいんだって事を初めて知ったかの様に…


きっとこの2日間で恋に落ちたのかも知れない。

通常の生活に戻り
クラスが別の彼とはつるまなくなったけど
それを寂しいと思った。


寂しいと思った時
自然と足は彼のクラスへと向かっていたから…

好き
なのかな?









ブログランキング参加してます。 
1クリックで投票になりますのでよろしくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ





(C)SIZUKU

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]

Copyright c ※ 夢 幻 恋 想 ※。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]