忍者ブログ
恋は夢幻 儚く散る夢の中何想う…
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/21 森崎ひなひ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雫-sizuku-
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
広告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

少しづつ私は彼を避け始めた。

休み時間いつもならお互いに約束もないまま
渡り廊下で「よっ!」ってして話してたりしたのに。

その場所を避ける様になった。

これ以上他の女の子の話しで笑う貴方も
寂しそうな貴方も
見たくなかったから…

それでも時々顔だけ覗きに行ってた。
暇そうに1人でソコにいる貴方を見て
その場をそっと離れてた。
どんな態度で今まで話してたのか思い出せなくて


先輩の卒業間近まで私は逃げてしまったね。


必要以上に部活を出たり
いつもなら裏門から帰るのに
グラウンドから見えない様にと正門から帰る日々だった。

そして
彼の好きな先輩の卒業式の数日前


わざわざ貴方は私を探してくれたね。
話しがあるからと呼び出された。



久し振りだね、なんかw

頑張って笑顔で言った私に彼は正直に突っ込んできた。


オレの事避けてたの?


……。
認めてしまえばよかったのかなぁ。

今まで見たことない程に悲痛な表情に
思わず口をついたのは「ウソ」だったね。


避けてなんかいないよ~(苦笑
タイミング合わなかっただけでしょ?
最近女友達とつるみまくってたしアタシw
なんだよ~
寂しかったのかよ(笑



素直に「うん」と言われるとは思ってなかったよ。
ちょっとびっくり。

それでも友達としての寂しさなのは分かってたけどね。



話したい事ってその確認だけでは終わらなかったよね。



先日、先輩に最後の告白をした事。
結果はやっぱり玉砕だったけど、
少し悔いはなくなったんだと爽やかに話してくれた。
そして もうひとつ。
卒業まで一緒にバカ出来なくなったからと…
そんなに遠くはないけど学区が変わる距離に引越しが決まったと・・・・・・・
だから
引越しまでは一緒につるんで笑って過ごしたいんだってお願いされた。




ワカッタヨ。



学期終了し、休み中には引っ越すことになってたらしい。


その日からまた約束こそしないままに
昼休みや帰宅を一緒にするようになった。



友達のままで








ブログランキング参加してます。 
1クリックで投票になりますのでよろしくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ
 

PR

いつから消えたのかな
切ない胸の痛み。

友達なんだねと自分に言い聞かせた日々。
一緒にたくさん話しをしたね。

さよならの言葉も言わず
またねと引越しと行ってしまった。



いくつ季節が変わっただろう。
気づけば20歳目前の頃

貴方を好きだった季節から
いくつ恋をしただろう。




私は夢を追うために水商売をしていたね。
地元の小さなスナックで


再会した時お互い一目で気づいたよね。
あの頃の私達を語り合ったね。
すれ違った最後の時間
時間が過ぎてやっと言えた言葉

「あの頃、私アナタを好きだったのよ」

オレも好きだったかも知れないってアナタは答えてくれたね。
あの頃に戻る事は出来ないけれど
大人になった今だからこそ笑って言える素直な気持ちがあったよね。


やっと言えた
「ありがとう……」






ブログランキング参加してます。
1クリックで投票になりますのでよろしくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ

『青い春』を最後まで読んで頂きありがとうございました。


時が過ぎてからでも再会出来た時
昔を懐かしみながらひとつの気持ちのピリオドを打てる事もあると思います。

「今」
悩んでしまってても
苦しんでしまってても
大切だった気持ちはいつかケジメをつけられるモノじゃないかなと…

個人によってその場でスッパリ終わる人も居れば
引きずってしまう人も多いのでは?


少し心の余裕ができた時は
ありがとうの気持ちを込めて
素直な自分になってみるのもいいかも知れませんね。




ブログランキング参加してます。
1クリックで投票になりますのでよろしくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ





『※ 夢 幻 恋 想 ※』
(C)雫-SIZUKU-

どこまでが憧れだったのだろう。
どこからが恋だったのだろう。

確かに『スキ』は在ったのに
高校生になった私には
2年後に恋人が出来た。

優しく、大人な恋人だった。
皮肉なコトに思い続けた彼と同じ舞台で知り合った人だったね。

ずっと想っててくれた人。
近くにいる彼の優しさに流れてしまった私の心。

こんなにも簡単に「スキ」は動いてしまうんだね。
ソレがチョット寂しくて
救いでもあった あの頃。


ひとつだけ悲しかったのは
恋人と一緒だったときに再会してしまったコト。


好きだった頃の笑顔のまま
挨拶をしてくれたよね。

今の自分を見失ってはいけないから
アナタに揺れてはいけないから
私も精一杯の笑顔で返した。

その場を離れてスグに恋人が口を開いた。
「戻らなくていいの?俺に気遣いいらないのに・・」

そう言ってのけちゃう恋人は本当に大人だったね。
その言葉に甘えてしまったら
きっとその場だけではなく心までが戻ってしまう。

だから私は振り返らない。
恋人の手を取って
笑顔で見上げてヒトコト返す。

いいの♪今好きなのはアナタだから♪
と。


心の奥で少しだけ一瞬走った痛みはスグに消えていくものだから…

さよなら。
大好きだった人。
痛みは憧れなんかじゃなかったよ。
確かにアナタを愛してた時間はあったんだよ。
それだけはホント。








ブログランキング参加してます。
1クリックで投票になりますのでよろしくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ

アレは恋だったのかな。

気づいたらなんとなく心が泣いた。
通り雨の様に
あっという間に去っていった気がする気持ち。

友達と好きな人の境界線ってドコなんだろう。
探してる間に終わってしまった物語。

でも
一瞬だけでもきっとアレも恋だったのかも知れないね。


中学2年のクラス替え。
問題ありそうなメンツ。
アイツはアタシの斜め隣の席だった。





ブログランキング参加してます。 
1クリックで投票になりますのでよろしくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ 



『※ 夢 幻 恋 想 ※』
(C)雫-SIZUKU-

≪ Back   Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

Copyright c ※ 夢 幻 恋 想 ※。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]