忍者ブログ
恋は夢幻 儚く散る夢の中何想う…
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/21 森崎ひなひ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雫-sizuku-
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
広告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

帰り道
少しだけ切なかったな。

友達っていいなって笑う顔が消えなくて



恋が終わったと確信した。



女の子じゃないんだろうね。
ただなんでも話せる友達。

冷やかすでもなく
笑顔で頑張れと言ってくれる友達。




そう
ただそれだけの関係だったんだね。


期待した心が痛い。
春はまだ遠いね…










ブログランキング参加してます。 
1クリックで投票になりますのでよろしくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ

PR

中学2年の夏。
役者になりたくて通ってたタレントセンターで舞台稽古が始まった。

初舞台になるメンバーは中学1年が最少年齢
上は27歳くらいまで居た。

大人の男性が眩しかった。
余裕のある優しさが同世代と違って輝いてみえた。

『お気に入り』の人を見つけるのに時間はそうかからなかった。

同世代の女の子と各自気に入った人を
まるで身近に触れられるアイドルの様にまとわりついてはかわいがってもらった。


ただ騒いで終わると思ってた。
出逢った頃は…







ブログランキング参加してます。
1クリックで投票になりますのでよろしくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ 







(C)SIZUKU

最初はきっと私じゃなかった。
周りの誰かがあの人かっこいいよねーってヒトコトから始まっただけ。

かっこいい基準ってなんだったっけ。
私は少数派のMさんを推した。

理由はいつだって同じなのかも。

『笑顔が優しい』

その人の周りだけいつも空気が丸かった。
横にいてこづかれても
怒られてると言うよりも

いい兄貴に愛されてるって感じにすら思った。

おにいちゃん居たらこんなだったのかなぁ?
こんなおにいちゃんが居たら甘えられたかなぁ?

姉妹しか居なかった私には最初「兄」でしかなかったはずだったのにね。






地元に彼女がいるんだって話を聞いた時

そんなのウソだー
って笑い飛ばして欲しかった私の心が教えてくれた


子供としか見てもらえない歳の差。
中学生から見た11歳年上はあまりにもハードルが高かった。


それでも
好きになっちゃったんだよ。

怒ってくれる時でも瞳が優しいMさんを
大好きになっちゃったんだよ…

相手にされないのは最初から分かってる!
分かってるからこそ
足掻きたかった

分かってるからこそ
足掻いたあの頃…











ブログランキング参加してます。
1クリックで投票になりますのでよろしくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ

稽古場でのひととき
その時間と帰りに反省会を兼ねた食事をみんなでするだけ

ただそれだけの時間が幸せだった
少しでも近くの席に座れるように
少しでもかまってもらえる場所に

舞台の本番の頃にはMさんに熱をあげてるのは
私ともう1人だけになってた。

舞台が終わって
スベテが終わってしまうのはイヤだった。

打ち上げの時
未成年だけど酒を飲んで浮かれて
腕にしがみついた。

他に熱あげてた子達がKISSをして見せ付けてきた。
酒の勢いもあって私もMさんにKISSをせがんだ。

子供のワガママに付き合うのも大変だよね
でも
しょうがないなぁと笑いながらも
フレンチ キス

やだよ。
このまま明日からもうおしまいなんて絶対にイヤだよ!

連絡してもいい?って半べそでお願いして
Mさんはいつもの優しい笑顔でいいよって言ってくれた。

忙しいからなかなか捕まらないかも知れないけど
いつでも電話しておいでって。


頑張ろう。
まだ終わらない
本当に頑張るのはこれからだもん。

初めての好きな人とのキスはお酒の匂い。
勢い任せの悲しいキス

それでも幸せなキスだった。
Mさんはスグに忘れるコトでも
私にはきっと一生の思い出のキスだから…









ブログランキング参加してます。
1クリックで投票になりますのでよろしくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ

本番が終わって
会う機会は一気に減った。

普段クラスは違うから時間もまったくずれてたし
時々時間割的に顔を合わす事もあったけど
その時に軽くいつもの笑顔で頭を撫でてくれるだけ。

それだけじゃやっぱりイヤで
勇気を出して電話をかける様になった

本当に忙しい人でほとんどが留守電になってしまう。


最初避けられてるのかなって不安になった。
ガキのお守りはもう疲れたのかなと。

でも
電話が繋がって色々話してるうちに
普段はバイトを遅くまでしてることとかも分かって
留守電に入れてたメッセージは聞いてたんだけどごめんなって言ってくれて

迷惑じゃない?
って確認したら
笑って
なんで?かけてきていいよって言ったの俺だしって・・。

嬉しかったなぁ
忙しくて全然遊んでもらう時間はなかったけど
電話だけは時々してた。

中学3年になって
受験頑張れって言ってくれた時
もやもやしてるのがイヤで電話だったけど・・・


告白をした。


分かってると思うけど
アタシ本当にMさん好きだよ?
彼女さんいるの知ってるけど
それでも好きだよ
少しでもそんな対象で見ることは出来ないですか?


少し間があってから返事はスグに返ってきた。






ブログランキング参加してます。
1クリックで投票になりますのでよろしくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ

≪ Back   Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

Copyright c ※ 夢 幻 恋 想 ※。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]